ミノキシジル副作用と効果について

ミノキシジル副作用が怖くて私は最近育毛剤を変えました。
その中でおすすめなのが、チャップアップ・プランテル・ポリピュア・Deeper3Dといったところです。
その理由をこれからご説明したいと思います。

 

私はそれまで、ミノキシジルという育毛成分を信仰のように信じていました。
育毛剤の購入を考えた方なら一度は目にしたり、聞いたことのある成分名だと思います。

 

それだけにミノキシジルは効果があるとされているのですが、実は同時に副作用もあるのです。
それがあまり知られていないのは大変遺憾なことです。

 

何故なら、ミノキシジルの副作用は死人が出ることもあるほど危険なこともあるからです。実際に循環器の異常で死亡したケースが3件あるとされています。
私は長い間薄毛で悩んできましたが、流石に命の危険のある育毛剤を使いたいとまでは思いません。

 

髪の毛が生えてくればそれは嬉しいですが、ミノキシジルの効果というのも、実は直接髪の毛を増やすというものではないのです。
血管拡張作用があることから、髪の毛の生える効果を狙っているだけなのです。

 

ならば、同じような効果があって髪の毛の生える薬を使ったほうがずっと良いとは思いませんか?
私はそのように考え、最近育毛剤を変えたのです。

 

そこでおすすめしたいのが、安心、安全な上記にあげた育毛剤。チャップアップ・プランテル・ポリピュア・Deeper3Dなどです。

 

当然ながらその効能には個人差がありますので、一概に絶対に効くとはここでは言いきれませんが、少なくともミノキシジル使用の育毛剤より安全なのは確実です。
どうぞ、薄毛に悩んでいて、安全に育毛剤を使いたい方はお試しください。

 

数ある育毛剤選び、どれを選んだらよいのかわからないときには、育毛剤のランキングを参考にするとよいでしょう。
育毛剤のランキングはこちら↓↓↓

 


ミノキシジル副作用のリスクとは?

 

ミノキシジル副作用を聞いたことがある人も多いでしょう。

ミノキシジルは、もともと血管を拡張する薬剤として開発された薬であり、
血管性の疾患がある方のための治療薬に配合されている成分として知られています。
しかし、近年は、この血管拡張作用について、頭皮に直接的にミノキシジル配合の育毛剤をつけることによって、頭皮の血行を促す作用が期待されるようになりました。

 

 

ミノキシジル配合の薬用育毛剤は、海外ではすでに普及していますが、日本国内では1990年代に初めて登場しました。発売当初はこれまでにはない画期的な育毛剤ということで話題を呼びましたが、発毛・育毛の作用について期待性は十分にある反面、
頭皮のかゆみ、アレルギーなどの副作用のリスクをともなう可能性もあることから、
ブームが過ぎていった感があります。

 

 

とくに、薬用成分が配合された育毛剤は、頭皮に直接働きかけることで良い作用が期待されることはあっても、
刺激が強い成分が含まれている場合もありますので注意が必要です。
敏感肌やお肌がかぶれやすい方は、髪と頭皮に直接つけるまえにパッチテストを行うなど、お肌の反応を見ておくことです。
クリニックでミノキシジルの治療を受ける場合は、アレルギーやアトピー体質の人、お肌が弱い人は、必ず医師に相談しましょう。

 

ミノキシジル副作用の心配は?育毛治療に用いられる成分

 

ミノキシジル副作用を考えると、

専門家の指導のもとで治療することをお勧めします。
皮膚科や脱毛治療専門のクリニックなどの医療機関において、ミノキシジルの成分を用いた発毛・育毛治療が行われており、今やミノキシジルは脱毛改善対策の定番という感じですね。ミノキシジルとは、特定の育毛剤や錠剤の名称ではなく、これらの薬剤に配合されている成分のひとつとされています。

 

 

クリニックによっては、患者の頭皮環境や脱毛の状態などにより、フィナステリドと呼ばれる経口育毛剤とミノキシジルが併用されることもあります。
わたしたち人間には、人それぞれヘアサイクルがあり、全身の体毛や髪の毛には、成長期・退行期・休止期などの毛周期があります。
ですから、今日から育毛治療をスタートしても、2~2週間後に発毛するとはまず考えられにくいのです。

 

 

 

 

今後、ミノキシジルによる育毛治療を受けたいという希望があれば、

副作用や安全性について医師からきちんと説明を求めておくこと、
無理に治療を勧めるようなクリニックは、きっぱりと断ることです。
どの医療機関でも、初回ご来院時に医師によるカウンセリングが無料で実施されています。
どの程度の副作用のリスクがあるのかについて、人それぞれ体質の違いもありますので、
実際に服用しないことには、状況を把握することができません。

 

 

 

ミノキシジルは癌になりやすい?

 

 

ミノキシジルに関する噂はいろいろあります。

その中にはミノキシジルを使用すると癌になりやすいという噂があります。

 

実際、ミノキシジルにはさまざまな副作用があり、心臓に持病を抱えている方、低血圧の方などが使用すると命の危険にさらされる可能性も否定できません。
ですので、その副作用の中には発癌性もあるのでは?と思う方もいるのでしょう。

 

実際に、ミノキシジルと癌に関する噂はインターネットでも話題になっているほどです。
この噂が出ているのは、一つにお笑い芸人の宮迫博之さんが癌になった事も関係しているようです。
ご存じ宮迫さんはスカルプDのCMに出ており、薄毛治療を行ったという事は知られています。そのため、薄毛治療を行った事で癌になったのでは?という憶測が噂になっているようです。ですが、実際に薄毛治療で宮迫さんがミノキシジルを使用したかどうかは不明ですし、そもそも日本人の2人に1人が癌になると言われる昨今、ミノキシジルの使用と癌を関連付けるのは強引でしょう。

 

 

ただ、ミノキシジルの発がん性はないと言われていますが、癌に冒されている方はミノキシジルの使用はできません。
それは血液を通して癌細胞も活性化させてしまう恐れがあるからなのです。それにより癌の進行を早めてしまう恐れがあります。
ですので、癌に冒されている方はもちろん、癌を完治した方は再発の恐れもあるためミノキシジルは使用しない方が良いかもしれません。
薄毛を解消するよりも、命を守る事を重視しましょう。

ミノキシジルを使うと太る?

 

ミノキシジルに関する噂としては、ミノキシジルを使うと太ってくるという話があります。実際に体重が増えたという方もいるようです。
では、この噂は本当なのでしょうか。

 

 

ミノキシジルと体重増加については、あながち間違いという訳ではありません。
ですが、厳密に言えばミノキシジルを使用して肥満になるのではありません。体重増加はあっても脂肪が増えて肥満体型になるという訳ではないのです。ではなぜ体重が増加するのか、というとそれはむくみのよるものです。

 

むくみというと、一般的には腎臓機能の低下などが原因と言われていますが、ミノキシジルで腎臓機能が低下し、むくんでしまうわけではありません。
それは、ミノキシジル本来の特徴でもある血管拡張作用が起こす副作用的なものです。血液の流れが良くなると血液の濃度が薄くなってしまいます。
それを解消するために、余分な水分を血液内から他の細胞へ排出する作用が働いてしまうのです。むくみはまさにそれが原因で引き起こされます。余分な水分が細胞間に溜まってしまうので、その水分量分体重が増えてしまいますし、足が太くなったり、顔がむくんだりして太ったように見えてしまうのです。

 

ミノキシジルでむくんでしまった場合、使用を続けている限り簡単には解消されません。だからといってミノキシジルを止めるとやはり薄毛の進行は進みます。
どちらがいいのかという事は言えませんが、むくみはマッサージをしたりすれば解消しますし、医師に診察をしてもらえばさらに解消されるでしょう。
しかもむくみが出るのはほとんどが内服薬タイプのミノキシジルですので、育毛剤タイプであればむくみを心配する事はまずないでしょう。

ミノキシジルを使うと血圧が下がってくる?

 

ミノキシジルを使用して調子が悪くなるという方もいます。実際に血圧が下がってきたという悩みを抱えている方もいます。
一方で、頭皮に塗布するだけなのに血圧が下がるなんて考えられないという意見もあるようです。
では、ミノキシジルを使用すると本当に血圧は下がってくるのでしょうか。

 

 

ミノキシジルの使用で血圧に変化があるかどうか、という点に関しては嘘ではありません。
内服薬はもちろん、頭皮に塗布する育毛剤タイプでも血圧が下がってしまうことは起こりえるのです。
それは、ミノキシジルの特徴に関係があります。元々、ミノキシジルは高血圧の患者への経口薬として開発されたものなのです。それを利用した患者が毛が増えたという副作用ができたためにそこから育毛効果があるとされ育毛用に開発されたものなのです。つまりミノキシジルは本来血圧を下げる目的で作られたものなのですから、当然血圧を下げる効果も残っているというわけです。

 

ミノキシジルは血管拡張効果があり、その副作用として頭痛やめまいなどがあるのです。
それがまさに血圧が下がることで引き起こされると言われます。

そのため、ミノキシジルは低血圧の方は使用には十分に注意しないと血圧がさらに下がり過ぎてしまう恐れがあります。

 

では、高血圧の方は問題なく使用してもいいのか、というと必ずしもそうだとは言い切れません。高血圧でもすでに高血圧の薬を服用している方だと、必要以上に血圧が下がり過ぎてしまう危険性があります。薬を飲んでいる方も医師の指示に従ってミノキシジルの使用を考えましょう。

濃度が高いほど効果テキメン?

ミノキシジル製品には1%製剤だけでなく5%製剤もあり、海外メーカーのものだと15%製剤という高濃度のミノキシジルを配合されたものもあります。

実際、ミノキシジル濃度は高ければ高いほど薄毛解消効果テキメンなのでしょうか。

 

これについては賛否両論あるようですが、臨床試験による結果では、1%製剤よりも5%製剤の方が発毛効果を実感した方の割合が高いというデータもでていますので、やはり高濃度ほど効果は高くなる傾向にあります。
実際に、1%製剤を使っていた頃よりも5%製剤を使い始めてからの方が効果が感じられたという方もいるようです。
ただ、1%も5%も効果は変わらなかったと感じる方も少なからずいるようで、高濃度だから効果が5倍になるか、というとそこまでの効果は期待できないようです。

 

「1%よりは効果が感じられるかもしれない」程度と思った方が良いでしょう。

 

ただ、高濃度のミノキシジルを使用する場合には注意があります。
ミノキシジルの特徴として、粒子が大きくて皮膚に浸透しにくいというデメリットがあります。さらに濃度が高くなればなるほど粒子同士が結びついてさらに大きい粒子になってますます浸透しにくくなってしまいます。皮膚に浸透していかないと効果が出ないのですから浸透率が悪くなればどんどん効果も悪くなります。ですので、しっかりと頭皮ケアをして
ミノキシジルが浸透しやすい環境を作ってあげないと、高濃度のミノキシジルほど効果が出ないという事にもなりかねません。

 

 

 

多くの中年男性、もしくは人によっては20代からの悩みの一つに薄毛・抜け毛があります。ちょっと薄くなってきた、と感じて育毛剤を塗布してみるという方は多いですが、そのほとんどの方があまり効果を感じられず1~2ヶ月でやめてしまうようです。実際、育毛剤には頭皮環境を整えるためのさまざまな成分が含まれており、長く使い続ければ何かしらの効果は感じられる可能性はあります。ですが、それでも効果がない、満足のいく効果が得られないという方も少なくありません。それは通常の育毛剤に含まれる成分は確かに発毛のために効果があるかもしれない成分が含まれているものの、その効果はめざましいものではないからです。
その中で、注目したい成分があります。それがミノキシジルです。ミノキシジルというと、最近はテレビCMなどでも言われていますが、リアップの主成分として有名です。海外製品ではロゲインやカークランドといったものもあります。このミノキシジルには血管を拡張させる効果があります。薄毛は、血流が悪くなり、髪の毛を作りだす毛母細胞に栄養分が行きわたらないのが原因の一つといわれており、ミノキシジルは血管を拡張させて血流を良くする効果があるので薄毛対策に非常に高い効果が期待できるという訳です。実際に使ってみた方は、非常に効果があったという方が多くいますし、日本皮膚科学会の男性型脱毛症(AGA)の診療に関するガイドラインにおいて、最高ランクのA評価(強く勧める)を受けています。
ただ、ミノキシジルは薄毛に効果が期待できる反面、副作用の心配も少なからずあります。もともと高血圧の薬として開発されたものですので、低血圧の方が使用すると血圧が下がり過ぎてしまうということもありますし、その他使用できない方、使用に注意が必要な方もいます。現在、インターネットでもミノキシジル製品は一部購入できるようですが、もし不安な方は病院などで診察を受けて処方してもらうか、薬局で購入して薬剤師に確認してみるといいでしょう。また、使用方法など自分自身でもしっかり把握した上で使用する事をオススメします。